パソコンのOSとして代表的なのがWindowsとMacですね。

筆者は私生活でも仕事でも専らWindowsですね、Macパソコンも使ったことあるのですが正直Windowsばかり使っていたのでやや使いにくいという印象でした。ただしスマホはiPhoneですけど(;^^)

 
ですがWindowsを使っていてずっと気になっていたことがあります。

それは32ビットと64ビットの違いです。

 
Windowsパソコンを購入する時に製品欄のところに必ずと言っていいほどヴァージョンが記されていますが、あるパソコンは32ビット、別のパソコンは64ビットという表記がされています。

パソコンを使うようになって20年くらいは経つ筆者ですが、恥ずかしながらこの32ビットと64ビットの違いについては詳しく把握できていませんでした。

そこで今回は筆者自身の勉強と言う意味も踏まえて詳しく記事にして解説していきます、同じくよくわかっていない人の為にも参考になってほしいのでぜひご覧ください!

 

Sponsored Links

Windowsのヴァージョンの歴史

今や多くの家庭に普及しているパソコンではありますが、恐らく大半の人はWindows OSだと思います。

今ではiPhoneも普及しているのでMac OSのパソコンを使用している人も多くなっていると思いますが、職場で使うパソコンのほとんどはWindowsだと思います。現在はWindows10のヴァージョンまで発売されていて筆者が使っているパソコンもWindows10です。

最新ヴァージョンと言うこともあって非常に使いやすく、機能面でも特に不満な点はないですね。

しいて言うならアップデートの頻度が高いくらいです。まぁセキュリティ上必須ということではありますし、お金もかからないので文句は言えないですが、もう少し頻度を下げてもいいんじゃないかと思います。

シャットダウンする時になかなかパソコンの電源が落ちなくてイライラする程度なんですけどねwww

 

Sponsored Links

32ビット・64ビットとは? 違いとは?

では気になる32ビットと64ビットの違いについてですが、これについて説明する前にビットについて触れておきます。

ビットとはコンピュータ関係の用語でよく使われる単位で有名ですね。

もしかしたら高校の数学の授業でも習ったことがあるかもしれませんが、これは2進数が関係しています。2進数とは数字を0か1で表現する手法のことで、コンピューターの世界ではデータは全て0か1で表現します。

 
全てのデータを0か1で表現するので、例えば00100、11010000、11010101010… などといった感じになります。人間が見ても意味不明ですがコンピューターの中では全てこうなります。

 
また普段我々が使用する数字は10進数で2桁3桁と10の倍数ごとに桁が増えていきますが、2進数だと2の倍数ごとに桁が増えていきます。ビットとはコンピューターのデータの情報量を表した桁数だと思ってもらえればいいです。

1ビットは0か1のみの1桁、2ビットは00、01、10、11の4パターンで2桁と言った感じで、桁数(ビット数)が多ければ多いほど扱える情報量は増えるということです。

扱える情報量は0か1のみの数字なので、2のべき乗の数になります。すなわち32ビットであれば2の32乗、64ビットであれば2の64乗の情報量を扱えます。

コンピューターの処理能力で一番重要な要素となるのがCPUと呼ばれる演算装置です。人間の脳に当たる部分ですが、基本的に32ビット、64ビットと言うのはこのCPUのbit幅だと思ってもらえればOKです。

当然64ビットの方が数字が大きくなるので、より多くの情報を一度に処理できるということです。

2の32乗が2を32回乗算した数字で、2の64乗が2を64回乗算した数字になりますがその差は歴然ですねwww

 
もうおわかりかと思いますが、高負荷の処理には64ビット版の方が圧倒的に有利だということです。

高負荷の処理と言ったら動画を編集するときのエンコード作業が該当しますが、実際以前のパソコンに比べても動画ファイルのエンコード速度はかなり速くなったなと実感しました。

その他にもプログラミングなどの科学計算、FPSといったオンラインゲームなども64ビットの環境の方が有利ですが、インターネットで動画を見るだけだったり、家計簿でExcelソフトを使ったり、ブログの文章を書くだけの使用であれば32ビット版でもほぼ問題なく使えます。

因みに物理メモリに関してはどちらも最低2GBということになっていますが、できれば8GBは欲しいところです。大きな動画ファイルなどを扱うなら16GBということもあります。タスクマネジャーで使用量を調べて、ギリギリになるようなら増設も検討しましょう。

 

結論:64ビットの方がいい!

以前までは高負荷のパソコンゲームをやりたかったり、3Dアプリケーションや動画編集を扱う人向けのヴァージョンでしたが今はなんだかんだで64ビットが主流です、最新のWindows10でも専ら64ビットばかりで32ビットは少ない感じですね。

もちろんパソコンのオンラインゲームに興味がない人や科学計算など全くやらない人も多いと思いますが、これから発売される新ソフトやオンラインゲームをやってみたいという方は32ビット版だと厳しいかもしれません。

またテレビでも4Kが主流になってきたり、スマホのスペックも非常に高性能になってきていますので、当然パソコンも今後進化していきます。

 
もちろんパソコンすら要らない、スマホで十分だ! という方には関係ないかもしれませんが、これからのことを考えるとなんだかんだで64ビットの方が優勢だということです。もしかしたら128ビット版とかも誕生するかもしれません。

また64ビット版でも32ビットのアプリは動きますが、最新のWindows10では100%互換できるといったわけではないようです。

最近のアプリケーションだと、64ビットアプリケーションの場合は64ビット版でしか利用できないものも増えてきています。アップデートを考えている方は慎重に検討してください。

 

※自分が使っているパソコンが32ビットが64ビットのどちらなのかを確認する方法としては、Windows10なら”スタートメニュー“に歯車のようなアイコンがあると思うのでそちらをクリックすれば左上の方に”システム”という項目があります。

このシステムの項目をクリックすれば今度は左下に”ヴァージョン情報“があると思いますので、そちらをクリックすれば自分の使用しているパソコンのOSのヴァージョンが一目でわかります、ぜひご活用ください!

 

Sponsored Links

こちらの記事もどうぞ!

電子メールのccとbccの違いとは? 使い分けはどうする?

住民票と住民票記載事項証明書の違いって何? 個人情報保護が大事!