スマホで代表的な機種はiPhoneで多くの人が持っていると思います、筆者も昨年の5月頃にiPhoneに切り替えました。

それまで所持していたXperiaに比べるとゲームもやりやすいので筆者もiPhoneは手放せません、次に機種変する時もおそらくiPhoneですね(;^^)

しかしiPhone端末を使っていて不満に思うことが多々ありますが、その中でもしばしば表示されるiOSのアップデート通知はうざいかなと思う人も多いでしょう。

 
スマホでゲームをプレイしている時にも表示されることがあるので本当に厄介ですよね。肝心な時に中央にアップデートの通知が表示されてうっかり”はい”をタップした時にはもうwww

ということで今回はiOSのアップデートの通知の消し方及びアップデートの意味と必要性について触れていきます、ぜひご覧ください!

 

Sponsored Links

iOSのアップデートをする必要性は?

そもそもなぜアップデートの通知が表示されるのか、アップデートする必要性はどこにあるのでしょうか?

アップデートとはアプリを最新ヴァージョンに置き換えることを意味します。

スマホゲームに精通している方はわかると思いますが、定期的にメンテナンス作業が入ってゲームがプレイできなくなることがありますよね?

あれはまさに運営がアプリを最新ヴァージョンに書き換えている作業中ということです。もちろんアプリ書き換え後は正常にプレイできるか、深刻なバグが発生していないかといった作業も行っています。プログラムのソースコードを直接いじっているのでその間は当然ユーザーはプレイできません。

 
OSでもそれは同じことです。

OSとはスマホのアプリやデバイスを動作させるための基本的なソフトウェアという意味です。このソフトウェアが正常に動作していないとアプリやデバイスも正常に動作しません。

土台となるソフトウェアなので定期的にアップデートをして最新のヴァージョンを保つというのはとても大切なことです。

これは情報セキュリティの話になるのですが、スマホでネット通販をされている方でしたらIDやパスワードを入力して送信することが多いと思います。

この時もし入力したIDやパスワードが悪意のある第三者に漏洩でもしたら大ごとですよね?

生年月日や住所、挙句にはクレジットカードの暗証番号も見られるかもしれません。

最近ではLINEなどのSNSでも気軽に通販サイトを利用できるようになっていますが、こういったことが起きてしまったら誰も安心してネットで買い物なんかできません。

しかしOSを最新ヴァージョンに保っていればこうした脅威に対しての安全性が高まります。

アップデートとは最新ヴァージョンに書き換える作業だと説明しましたが、例えば古いヴァージョンで発覚したセキュリティ上の脅威に対しての対策や防止をする意味合いも込めています。

パソコンでも頻繁にWindowsのアップデート通知が来ますがやはり同様です。

故にアップデートするというのはこうしたセキュリティ上の面でも大切なので、やりたくない理由がなければやっておくに越したことはありません。

アップデート通知がうざいという方は多いかもしれませんが、仮に通知がなければこうしたセキュリティ上の脅威に対して対策ができるユーザーが少なくなります。

それはOSの開発者側に立てばユーザーを軽視していることを意味しますので、無責任だと捉えられます。そうした社会からの批判を少しでもさけるために通知を強制的に表示しているということです。

 

Sponsored Links

iOSアップデート通知の消し方は?

では本題のiOSのアップデート表示を消すにはどうすればよいか?についてですが、調べてみたら実は凄く簡単なことでしたwww

  1. ホーム画面の「設定」をタップ
  2. 一般」をタップ
  3. ストレージとiCloudの使用状況」をタップ
  4. ストレージを管理」をタップ
  5. iOS○○(ヴァージョン番号)」をタップ
  6. アップデートを削除」をタップ

これだけの手順でアップデート通知を消すことができます、簡単ですね♪

しかし実はこの方法だけでも完全に通知は消せません、以下の2つの場合で再度表示されるようになっています。

  • 電源ボタンを切って再起動したとき
  • 最新ヴァージョンが実装されたとき

電源ボタンを切って再度電源を入れて起動させた場合はなんとなく理解できやすいですが、問題なのはヴァージョンの更新が来た場合です。

これは例えば今自分が使用しているiOSのヴァージョンが11.1.1だった時に、11.1.2へのアップデート通知を消したとしますよね?

このヴァージョンへのアップデート通知自体は消えますが、これよりもさらに新しいヴァージョンである11.1.3が実装された時は再度表示されるようになっています。

小規模な更新自体は頻繁に行われているので仮に消しとしても1週間程度で再度表示されます、その度に消すのも面倒ですね(;-_-)

 

アップデート通知は完全には消せない?

完全にアップデートの通知をオフにしたい!

というユーザーも少なからずいるでしょう、事実筆者も若干こっち側です。

しかし先ほども説明しましたが、アップデートしてOSを最新ヴァージョンにしておかないとセキュリティ上の面で不安が残ります。

 
他にも例えばインストール済みのアプリの自動更新にも影響したりしますし、そもそも起動・操作ができないアプリもあったりします。

基本的にスマホのアプリというものはその時点での最新のOSヴァージョンで正常に動けるかが基準になってリリースされています。

ゲームとかが特にそうですが、そういった場合に備えてもOSをアップデートする必要は出てきます。ですので仮にインストールしたゲームが正常に動けなかったら、OS自体をアップデートするのも一つの手です。

 
通知を消すこと自体は個人の自由ですが、いろいろな面で障害が残るリスクが孕んでいるということは常に頭に入れて自己責任の範囲で行ってくださいね。

 

おまけ:ストレージの容量に注意!

最後にまとめとなりますがiOSのアップデートの通知を消すことはホーム画面の設定から行えます。

しかしアップデートしないとセキュリティの対策や他のアプリの動作にも影響しかねないのでやるに越したことはないということです。

因みに最新ヴァージョンのiOS11ですが、ストレージ管理の欄を見てみると容量が1.4GBもあります。

以前当ブログでも紹介しましたが、他に大容量のスマホゲームをいくつかインストールされていると容量的にやや厳しいという人も多いでしょう。
スマホゲームの容量は大きすぎ? タブレットの併用も考えよう!

アップデートすれば必然的に容量が増えます、16GBのスマホを契約しているなら他のアプリを消すとかキャッシュを削除しないと厳しくなりますので注意してください!

 

Sponsored Links

関連記事

スマホの端末のみを購入することはできる? 赤ロム端末に要注意!

Windows32ビットと64ビットの違いとは? CPUの能力が関係!