毎年12月に訪れる冬の風物詩といえばご存知クリスマスですね。

日本でももはや定番となったイベントですが、クリスマスの本場アメリカやヨーロッパでは日本以上に本格的に祝います。

しかし欧米のクリスマスの祝い方は、日本とはかなり異なっています。





日本では恋人同士で過ごすというイメージが強いですが、実はアメリカ人の間ではそんなことはありません。

日本人が抱いている以上に特別な意味があるのが、アメリカのクリスマスの特徴です。

アメリカのクリスマス事情を詳しく探っていきましょう!


スポンサーリンク

アメリカのクリスマスは日本と大きく違う!

街中が色鮮やかなイルミネーションで飾られ、クリスマスソングが流れ、カップル同士で楽しむイメージが強いのが日本のクリスマスですね。

実際そのイメージが強すぎてクリスマスまでに恋人を作らなくちゃいけないとか焦ったり、「今年のクリスマスも独身か...」と嘆いたりする人が多いみたいです。


「今年のクリスマスもどうせ一人で過ごすんでしょ?」

この質問に対してはっきり「NO!」と返したいがために、必死に恋人作りに励んだり、無理に仕事行って忙しいアピールをする人もいるのが昨今の日本のクリスマス事情です。

しかし日本以上にクリスマスを重要視するアメリカでは、少し違っていました。


実はアメリカ人の多くがクリスマスに恋人と過ごさないのです!


昔から恋人よりもむしろ、家族や親戚同士で集まって過ごす人が多く、日本で言うお正月(または“お盆”)的な位置付けなのです!

クリスマスとは皆さんもご存知キリスト教徒にとって大事な行事です。

イエス・キリストの降誕をお祝いする日」に当たる日なのですが、もともとあった冬至祭りに合わせて、キリスト教徒の伝統行事として広まったのです。


国民の大部分がキリスト教徒であるアメリカでも当然クリスマスは大事な位置付けであり、12月25日は祝日となっています。

そして年明けの1月1日までクリスマス休暇となっていて、この期間に多くの人が里帰りします。家族や親戚が一堂に会しあってお食事パーティーなどで賑わいます。

街中の大半のお店も閉まっている状態で閑散とするのです。

仕事も休んで皆家の外に出ず、家の中で家族団らんの日となります。

またカトリックの教会ではミサが行われ、イヴには多くのクリスチャンがキャンドルサービスに出席するなど、とにかく宗教的な色合いが強いです。


昔公開された大ヒット映画『ホームアローン』では、親戚一同が集まって超高級ホテルに泊まって、翌日にクリスマスプレゼントを仲良く開けていた光景が非常に印象的でした。

プレゼントの交換もしない?

アメリカではむしろ恋人同士で過ごす人の方が、変わっていると思われるでしょう。

ましてや恋人同士でプレゼント交換も楽しんだりもしません。

大学生など若い男女のカップルが、お菓子や服など手頃な値段で済むプレゼントを交換し合ったりしますが、あくまで気持ちとして渡すだけです。


他に渡すプレゼントとしては主にクリスマスカードくらいですかね。


Merry Christmas and A Happy New Year


と書かれたメッセージで、既にクリスマスから新年の挨拶も含めています。言ってみれば年賀状に近いです。

恋人の実家を訪れることも?

アメリカでは恋人がいるのなら、その恋人の実家を訪問して家族と対面することもあります。

イヴの日に彼氏の実家に行って、クリスマスの日に彼女の実家に行く、みたいな感じですね。

日本で言うとお正月やお盆に恋人の実家に行くみたいな感じですが、やはり違和感ありますね(;^^


またプロポーズや告白などもやらないでしょう、高級レストランで予約するカップルもほぼいません。

本格的に恋人同士で過ごす機会が多いのは大晦日の年越しイベントくらいです。

日本のクリスマスの風景は、アメリカ人から見たらバレンタインデーのように見えるそうです。


スポンサーリンク

クリスマスに恋人と過ごすようになった由来とは?

そもそも日本では、なぜ「クリスマスは恋人同士で過ごす」という風潮が強くなったのでしょうか?

時を遡ると1983年の『an-an』という雑誌に書いてあったことですが、「今年こそ彼の心をつかまえる!」というテーマで書かれたクリスマス関係の記事が由来だそうです。

「高級レストランで過ごしてディナーやプレゼントを提供し、イルミネーションを一緒に見に行く」というのが、あたかもクリスマスの素敵な過ごし方であると宣伝され始めました。

そしてこの頃に流行った山下達郎の「クリスマス・イヴ」、松任谷由実の「恋人はサンタクロース」、さらにB’zの「いつかのメリークリスマス」といったクリスマスソングによって、日本で「クリスマス=恋人同士のイベント」という風潮が強まったのです。
いつかのメリークリスマスの歌詞の意味とは?2人の男女関係に迫る!

日本のクリスマスの普及は、ほぼ本場のキリスト教徒は無関係な商業的な戦略で定着したと言っても過言ではありません。

このビジネス戦略は今でも続いているようで、昨今ではハロウィンやイースターも徐々にですが普及しつつあるようです。

まとめ

今回はアメリカのクリスマスの過ごし方を詳しくご紹介しました。参考になりましたら幸いです!

改めてまとめとなりますが、日本とアメリカでは随分認識が違っていましたね。

クリスマスは恋人同士のイベント」なんていう先入観はそろそろ捨てて、本来の宗教的意義を理解して過ごすようにしてみましょう。


スポンサーリンク



こちらの記事もどうぞ!

日本のハロウィンはおかしい? 海外との違いや批判を紹介!