最近ではネットで物を出品する人が多くなってますね。

僕も過去にヤフオクでいくつかいらない物を、出品して発送したことがありますよ。

その際に活躍したのが、レターパックです。





レターパックとは、簡単に言えば日本郵便が販売する専用封筒を使った送付方法のことです。

過去にはヤフオクでゲームソフトをレターパックで発送したことがあります。


そしてこのレターパックの便利な点は、郵便局だけじゃなくコンビニからも発送できるんですよ!

平日しか利用できないと思っていたら、コンビニを利用するという抜け道もあったんです。

知っておけば何かとお得になりますので、今回はレターパックをコンビニで購入&発送する際の注意点をまとめてみました!


スポンサーリンク

レターパックについて簡単に解説!

レターパックとは日本郵便が提供する郵送サービスで、A4サイズ・4kg以内・厚さ3cmまでの荷物なら全国一律の料金で送ることができます。

専用の封筒に入れるため、切手を貼る必要もありません。具体的には以下の方法で発送できます。

  • 郵便ポストに投函する
  • 郵便局に持参する
  • コンビニを利用する


レターパックライトとレターパックプラスの違い!

基礎知識になりますが、レターパックには2種類があります。ライトとプラスの2つあって、それぞれどう違うのかといいますと、

  • レターパックライトは、厚さが3cmまで、料金は520円(税込)、封筒は青色
  • レターパックプラスは、厚さが3cmを超えてもOK、料金は370円(税込)、封筒は赤色

となります。

ライトとプラスもサイズについてはA4サイズ、重さは4kgまでというのは共通しています。

このラインまでなら、厚さが3cmを超えても大丈夫ということですね。


しかし厚さが3cm超えても大丈夫とは言うものの、さすがに無制限というのも無理があります。

というのも、レターパックとはいえ封筒なので、その封筒の蓋が閉まらないと断られることがあります。


極端な話、靴を入れることも可能ですが、さすがにギューギュー詰めになってしまいますし、

そもそも郵便ポストに入らない可能性も出てきますので、無理のない範囲にとどめましょう。


スポンサーリンク

コンビニでレターパックを購入&発送

冒頭でも紹介しましたが、レターパックはコンビニを利用するのがお得です。

最大の理由は、コンビニが24時間営業という点にあります。


郵便局に持っていけば確実ですが、郵便局は平日の午前と午後しか空いていないというデメリットがあります。

会社員にとっては辛いですよ(;*_*

もちろん普通に郵便ポストに投函するのもアリですが、家の近くにある郵便ポストが小さかったり、そもそも都合よくなかったりする場合もありますよね。

だけどコンビニの中には、店内に郵便ポストが設置されていたり、レターパック専用の封筒が販売されていたりするので、購入と発送が同時にできます。

また宅急便みたいに、荷物の大きさや重量を計測するなんて面倒なことはありませんから、待たされることはないです。

例えば帰りの電車内で、ヤフオクのアプリを開いて、商品が落札されたという知らせを見た後で、電車を降りた後、すぐ近くのコンビニに行って封筒を買って商品をそれに入れて閉じてポストに投函すれば完了です!

一度覚えてしまえば、マジで便利ですね。費用も数百円で済みますし♪

ただしレターパックは全てのコンビニで買えるとは限らないそうです。

レターパックが買えるコンビニとは?

実はコンビニの中には、レターパック専用の封筒を販売していないコンビニもいくつか存在します。

2019年10月現在、レターパック専用の封筒を販売しているコンビニは以下の通りです。

  • ローソン
  • ローソンストア100
  • ミニストップ
  • セイコーマート
  • デイリーヤマザキ
  • ファミリーマート(一部の店舗のみ)
  • セブンイレブン(一部の店舗のみ)

レターパックを購入できるのは、ローソン、ローソンストア100、ミニストップ、セイコーマート、デイリーヤマザキの5つだけです。

その他のコンビニは全体で取り扱いがなかったり、一部の店舗だけしか販売していません。

近所にセブンイレブンやファミリーマートがあっても、確実に買えるとは限らないんですね。あくまで郵便切手類を販売している店舗に限られます。


あと上記のコンビニの中で、店内にポストが設置されているのはローソン、ローソンストア100、ミニストップだけです。

やはり一番利用する機会が多いのは、店舗数が多いローソンになるでしょう。

またこれらのコンビニでは、レターパックと同時にゆうパックも発送できます。

コンビニでゆうパックを発送するやり方については、以下の記事をご覧ください!
ゆうパックをコンビニから着払いで発送!やり方を詳しく紹介



スポンサーリンク

コンビニのポストの集荷時間は?

コンビニに置かれている郵便ポストも通常のポストと同じように、集荷時間が決められています。

もちろん店舗毎に詳細な時間は変わりますが、大半のコンビニでは1日2回となっていて、

  • 午前は9時~11時の間
  • 午後は15時~17時の間

となっています、これは平日も土日祝日も一緒です。

ただし人通りがかなり少ない店舗だと、1日1回の集荷時間に設定されていたりするので、事前に店員に確認は取っておいた方がいいです。

ポストに入らない荷物はどうする?

レターパックに商品を入れて、いざローソンやミニストップに持って行ったが肝心のポストに入らなかった!

こんなケースも起こり得ます。

レターパックプラスを買って、厚さが5cm以上も膨れてしまうと、ポストの形状によっては入りません。


こうなった場合の対処法ですが、やってはいけないのが店員に預けるよう頼むことです。

「荷物が入らないからお店で一時的に預かってくれないか?郵便局員が来たら手渡ししてね!」

みたいな感じで店員に頼んでも、ハッキリ言って超迷惑です。


仮に預かってくれたとしても、店員が忙しくて気付かないパターンもあります。

ヤフオクやメルカリの場合だと、購入したお客さんに商品が届かないことになるので、これだけは避けなければいけません。

この場合は素直にゆうパックに切り替えるか、郵便局まで持参するようにしましょう。

その他の注意点まとめ

レターパックを利用する際の注意点は他にもいくつかありますので、箇条書きで紹介します。

  • ご依頼主様保管用シールは剝す!
  • 追跡番号」が記載されたシールです。これないと自分の荷物が今どんな状況にあるのか、確認が取れません。

  • 一度送ったレターパックは再利用できない!
  • 消印が押されることで、再利用はできないことになります。ズルは駄目ですよ!

  • 未使用のレターパックなら有効期間はない!
  • 購入した後使わずに放置していたレターパックなら、いつでも使えます。1年前とかでも大丈夫です。


まとめ

以上、コンビニを利用してレターパックを購入&発送する際の注意点についてでした。

それでは簡単にですがまとめます。

  • レターパックライトはA4サイズ・4kg以内・厚さ3cmまで、プラスなら厚さは無制限
  • レターパックを購入できるコンビニはローソン、ローソンストア100、ミニストップ、セイコーマート、デイリーヤマザキ
  • 店内ポストがあるコンビニはローソン、ローソンストア100、ミニストップ
  • レターパックには厚さがある点に注意、ポストに入らない荷物をコンビニに預けては駄目!
  • コンビニのポストの集荷時間は午前に1回、午後に1回の店舗が多い



最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえば意外と簡単で使わないと損と感じます。

今はメルカリも台頭していますし、レターパックをコンビニで発送する人も多いでしょう。

そうなるとセブンイレブンやファミマ、ポプラといったコンビニでもポストを設置してほしいと思っている次第です。


スポンサーリンク



こちらの記事もどうぞ!

メルカリで注文した商品の郵便局での受け取り方を一から伝授!

住民票と住民票記載事項証明書の違いをわかりやすく一挙解説!