絶賛公開中で話題の『アナと雪の女王2』、早くも盛り上がっていますね。

ということで第1作目をもう一度振り返ってみようかなと思い、TSUTAYAに行ってレンタルしようと思いました。





ただ最近になって凄い事実がわかりました。

それがTSUTAYAのレンタル用のTカードが、モバイルとして利用できるということです。

通称「モバイルTカード」というものですが、これがあるとレンタル時もかなり便利になると知りました。


でも改めて「モバイルTカード」ってそもそもどんなカードなんでしょうか?

また使えるとしてもどうやって使えばレンタルできるのか?

僕自身としても初めて使ってみたので、今回は実践した手順を詳しく紹介していきます!

フクロウ教授フクロウ教授

TSUTAYAでレンタルするならモバイルTカードはあったほうがいいよ。電子マネーとしても使えるんだ!

スポンサーリンク

モバイルTカードとは?

まずはモバイルTカードについて、どういったサービスなのか簡単に紹介しましょう。

モバイルTカードとは?

スマートフォンにTカードを登録して、お買い物の際にバーコードを提示することでポイントが貯まったり、電子マネーとして利用できるサービスのことです。

今でこそスマホ決済というのが当たり前になりましたが、実はTポイントカードもスマホに登録することが可能で、登録しておけば専用のアプリを呼び出して、お買い物の際にバーコードを掲示できます。

バーコードを店員がスキャンして、ポイントが貯まっていきますので、機能としては普通のプラスチックのカードと変わりません。


ただしTカードの場合、独自の電子マネーである「Tマネー」としての機能もあります。

そのTマネーの機能ももちろんスマホに登録した時に、引き継がれています。

Tマネーが使えるお店(ファミマやTSUTAYAなど)で、お支払い時に「Tマネーで」と言ってモバイルTカードを掲示すれば、普通に電子マネーとしても活躍できます。

モバイルTカードにレンタル用のTカードも登録可能!

主にファミマやガストなどでもらうポイントが貯まるだけのTカードの他に、TSUTAYAでレンタルする時に必要なレンタル会員専用のTカードも登録できちゃうんです!

そしてこのレンタル専用のTカードをスマホに登録すれば、レンタル時にもバーコードを掲示するだけで大丈夫になります。

つまりプラスチックのカードが不要になるんですね!


既に専用のTカードを持っているのなら、TSUTAYAアプリを呼び出して簡単に登録できます。

ここからは実際に僕が実践した手順を紹介していきます。

TSUTAYAアプリにモバイルTカードを登録!

それではTSUTAYAアプリをダウンロードしましょう。

TSUTAYAの公式ページからでもいいですし、App Storeなどで「TSUTAYA」と検索すればTSUTAYAアプリが表示されます。

インストールが終わったら、TSUTAYAアプリを起動します。


TSUTAYAアプリのホーム画面になりますので、その画面下側のツールバーに「モバイルTカード」という項目があるので、そこをタップします。
(アプリのヴァージョンが古いと画面右上に表示されています。)

するとYahoo!IDでログインする画面に遷移します。

既に自分のYahoo!IDを取得されているのなら、それを使ってログインします。なければ新規登録が必要になります。

16桁のTカード番号を登録する画面になりますので、レンタル用のTカードの表面に記載された16桁(0か9かで始まる)の番号を入力します。

その後で下に表示されている6桁の認証用の数字も入力します。

事前にYahoo!IDの紐付けが必要!

ただこの後で一つだけ問題が発生しました!

それは事前にYahoo!IDが紐付け(連携)されていないと、TSUTAYAアプリにモバイルTカードを登録できないことです。

実際僕も事前にYahoo!IDとの紐付けができていなかったので、Yahoo!IDの会員ページに飛ばされました(笑)

もちろんここで16桁のTカード番号を登録しておけば、TSUTAYAアプリでも問題なく登録できます。

つまり順番としては、

  1. まずYahoo!IDとTカード番号を紐づけておく
  2. 次にTSUTAYAアプリで紐づけておいたTカード番号を入力する

となります。

※クレジット用のTカードやYahoo Japanカードをレンタル用のカードとして登録している場合は、クレジットカード番号もありますので、間違えないように。

これでレンタルのTカードをモバイルTカードとして登録できました。

上の画像がモバイルTカードの画面です。

バーコードの上には現在の日付と時間、さらにその下には18桁の番号が表示されていますが、これはTカード番号ではなくバーコード番号です。

さらにその下側には、今どれだけのTポイントが貯まっているかも表示されています。

この画面を表示させた状態で、お店でお買い物した後に店員にスキャンさせればTポイントが貯まりますし、レンタル時にも利用可能です。

では実際にTSUTAYAでレンタルしてみましょう。


スポンサーリンク

モバイルTカードをスキャンしてレンタル!

TSUTAYAの店舗に行って、借りたい商品を手に取りセルフレジか有人レジに向かいます。

今回は自分はセルフレジで『アナと雪の女王』を実際にレンタルしたので、その手順を解説します。


まずセルフレジに行きますが、通常だったらプラスチックのTカードをセルフレジの右側にある、リーダーに通してスキャンします。

モバイルTカードの場合は、カードを出してスキャンする必要はなく、代わりにスマホを取り出してバーコードを表示させます。

バーコードを表示させた後は、セルフレジに備え付けられているバーコードリーダーで、そのバーコードをスキャンします。

商品のバーコードをスキャンするのと同じ要領で何も難しくありません。不安なら有人レジに行けば、店員が代わりにやってくれます。

ここで万が一スキャンできないと思ったら、いちどバーコードリーダーをスマホから離してみましょう。

近すぎるとうまくスキャンできないことが多いです、目安としては30cmくらいですね。


それでもスキャンできないと思ったら、スマホの画面が暗いか、覗き見防止シールを貼っている可能性もあります。

また一部のAndroid端末だと、表示サイズが標準より小さくなっている可能性もあるので、画面サイズを標準以上にしてから読み取りましょう。

これでレンタルすることが可能になったので、あとは普通に借りたい商品のバーコードを読み取ってロックを外せば、レンタル完了です♪

もちろんこれでTポイントも貯まります。

ついでにTマネーとしても利用しよう!

せっかくモバイルTカードを登録したのですから、いっそのことお支払いもモバイルTカードで済ましたいですよね。

実はモバイルTカードには「Tマネー」という専用の電子マネー機能があります。


支払いについてはシンプルで、商品をスキャンした後、画面右下にある「お支払方法の選択」画面で「Tマネー」を選択し、再度モバイルTカードをバーコードでスキャンすれば支払い完了です。

ただしモバイルTカードをTマネーとして利用するには、あらかじめTマネー暗証番号の設定が必要です。

モバイルTカードのバーコード画面の下にある「Tマネーを利用できるようにする」をタップして、その後画面の手順に従って暗証番号を設定すればOKです。


また電子マネーなので予め現金をチャージしておく必要があります。

その現金のチャージも、なんとTSUTAYAのセルフレジで可能なんです!


商品を何枚かレンタルする時に同時に出来ますので、わざわざ有人レジに行く必要もありません。

nanacoやEdyなど他の電子マネーはできませんが、やはりTSUTAYAでレンタルするとなるとTカードは欠かせないので、Tマネーのチャージも覚えておけば凄く便利です♪

鷲弟子鷲弟子

モバTとTマネーをセットにして使いこなそう。

スポンサーリンク

プラスチックのTカードがなくても新規申込が可能!

ここまでは既にレンタル用のTカードが手元にある人の話でした。

はTカードの実物がない人はどうしたらいいのでしょうか?

あるいは以前持っていたけど紛失した人や、レンタル機能がないファミマのTカードの場合でも可能なのでしょうか?


結論から言うと可能です。

やり方はいたってシンプルで、TSUTAYAの店頭に行く前にモバイルTカードをTSUTAYAアプリで登録しておくのです

実はモバイルTカードは、Tカードの実物がない状態でもモバイルTカード専用番号の発行ができるので、それをレンタル用のTカードとして登録できます。


ファミマやガストでもらった配布型のTカードがある人も、そのTカード番号をTSUTAYAアプリの画面に登録すればOKです。

事前にTSUTAYAアプリで必要事項などを記入しておく必要がありますが、この手続きをした状態でTSUTAYA店舗へ来店すれば、新規申し込みは可能です。

ただし新規申込みの際は本人確認書類が必要となりますので、忘れずに持参しましょう!

レンタル更新時にもモバイルTカードでOK?

TSUTAYAのレンタル会員は1年に1回更新する必要があります。

この時Tカードの持参が必須ですが、実はモバイルTカードでも代用できるんです!

だからと言ってプラスチックのTカードを捨ててしまうと、いざという時にTカード番号が確認できないので、必ず捨てずに持っておきましょう!

鶴弟子鶴弟子

そういえばTSUTAYAの返却方法はいろいろあるんだ。それについては下の記事で詳しく紹介しているよ。


まとめ

ということで今回はモバイルTカードを使ってレンタルする方法を解説しました。では内容をおさらいします。

  • まずスマホにTSUTAYAアプリをインストールする
  • アプリで既に持っているレンタル用のTカードをモバイルTカードとして登録する
  • レンタルする際は、セルフレジか有人レジでモバイルTカードをスマホで表示させ、スキャンする
  • モバイルTカードで電子マネーのTマネーが利用できる
  • 新規申込みする際は、TカードがなくてもモバイルTカード専用番号の発行ができる



Tカードを忘れても、スマホがあれば問題なくレンタルできます。

クーポンやポイントも貯まりやすいので、登録しないと損ですね。

鳩弟子鳩弟子

モバイルTカードと思ったら、PayPayのバーコード開いちゃったよ。

フクロウ教授5

コード決済が増えたから間違えないようにしないとね。

スポンサーリンク



こちらの記事もどうぞ!

ゆうパックをコンビニから着払いで発送!やり方を詳しく紹介

レターパックはコンビニで発送が可能!簡単だけど注意すべき点とは?