夏本番の時期で定番の行事といえばいろいろあると思いますが、今回紹介するのはお中元についてです。

お中元とは旧暦の盆に当たる7月の初旬から15日までの期間で、お世話になっている人に贈り物をするという風習ですが、筆者自身はまだお中元を贈ったことがないです(;^_^

なんというか年配の方が多いイメージで、若い人が積極的にお中元を贈るというのはあまり想像しにくいものがありますね。

若い人でお中元を贈るだなんて凄く律儀な人だと感心しちゃいます!

そのお中元では多くのデパートやスーパーが短期バイトを募集しているようです。新聞の折込チラシでも『短期募集!』と書かれているのをよく見かけます。

どうやらお中元の時期限定のようですが、一体どんなバイトなのでしょうか?また未経験でも採用されやすいのか、詳しく紹介したいと思います!
 

スポンサーリンク

お中元商戦は5月から始まる!

お中元を贈る時期は冒頭でも説明したように、旧暦のお盆に当たる7月の初めから15日までです。

しかしお中元に贈る品物を買う人は、当然その前からどれにしようか悩むと思います。そのため多くのデパートやスーパーでは、早くて5月頃からお中元の受付をするようです。


実店舗のみならず、百貨店の公式サイトや多くの通販サイトでも鬼のように特集が組まれます。

魅力的な商品ばかりですが、最近では“お中元”という表現は固すぎて“夏ギフト”なんていう呼び方もよくされますね。

因みにお中元商戦で忙しさのピークは6月後半からお中元の直前までです。

気になる仕事内容はどんなの?

ではお中元の時期限定のバイトはどんな仕事があるのでしょうか?具体的に列挙しながら紹介していきます。

事務受付、電話対応など

注文を受けた商品の情報をパソコンでチェックしたり、伝票を作成する業務です。

特に最近ではインターネットで注文する人が増えてきたので、この事務受付の作業も比例して増えているようです。

またお客からの注文や問い合わせに電話で対応することも増えてくるので、電話応対スキルも必要となります。コールセンター経験者は有利ですね。

商品の包装作業

お中元ギフトを贈答用ではなく自分用に購入する人も多くいます。

そういう客は直接持ち帰るのでその場で包装する作業が必要です。シール貼りも必要ですね。ただし経験や慣れが必要となるため未経験の人が担当することはあまりないと思います。

手先が器用でやってみたいという方はハウツー本など自己流で勉強しておきましょう。間違っても面接の時に経験がありますなどと嘘はつかないように!


ただしお中元はお歳暮と同様、贈る際のマナーに最新の注意が必要です。具体的には、

  • 二重包装になっていないかどうか注意
  • 簡易包装が基本になっている場合は、短冊になる点に注意
  • 割れ物が入っていないかどうか必ず確認する
  • 配送時期は必ず尋ねる
  • 中元なので、蝶結びにする
  • 熨しの有無を確認する
  • シールの貼る位置、有無も確認する

包装の作業は未経験者だと特に難しく感じますよね。

とにかく慣れが必要です。繁忙期だと工場のライン作業並みの忙しさになるので嫌でも慣れると思いますが、集中力と体力が必要になります。

暇な時間が見つからないなら、自宅で練習するのが良いでしょう。

倉庫でのピッキング作業など

裏方の作業となりますので接客対応は一切ありません。内容としては大量の商品をピッキングしたり、大きい荷物を素早く箱詰めする作業が中心となるので、やや体力的な一面もあります。

また商品の内容や配置が合っているかどうかの確認作業もあります。いずれにせよ慣れれば簡単な単純作業が多いので、未経験でも採用されやすいと言えます。

ただ初夏の時期にやるということで、気温が高いので注意です。冷房が効いていれば問題ないですが、節電のため設定温度が高めになっている場所とかだと、かなりきついですね。
 

スポンサーリンク

お中元バイトで採用されるための条件は?未経験でも可?

短期バイトとはいえ普通のアルバイトと同様やはり面接はあります。いくら人手が足りないからといって、履歴書だけ見て即採用というお店は少ないでしょう。

お中元バイトの採用時期は5月の初旬から始まる所が多いですが、採用されるか否かは特に以下の点に注意が必要です。

  1. 土日勤務が可能かどうか
  2. デパートやスーパーで働いた経験があるかどうか



1の土日勤務可能かについては言わずもがなだと思います。当然お店側からしたら、忙しくなる土日にシフトが組める人を優先するはずです。

しかしお中元の仕事で忙しくなる時期が6月の下旬から7月の上旬までで、学生など多くの人が夏休みに入っていないこともあり平日はほぼ厳しいはずです。

土日に勤務をすることになると、休む日がなくなるのでかなりきつくなります、そこの部分は気をつけないといけませんよ。

 
次に2に関してもやはり経験有りの方が優位です。短期バイトということが前提なので、未経験だと店側としても不安になります。

特に接客業の経験がある方はかなり採用されやすくなります、電話受付の経験もあればなお良いでしょう。

またお中元というのは普通の売買と違って、違う相手に商品を贈る(つまり発送する)ということになるので、送り先となる住所が間違っていたら大変です!

住所を入力するのは基本的にはパソコンとなりますが、店舗によっては専用のタブレット端末などで行うこともあるようです。

入っていた商品の中身が違っていても当然クレームに発展するので、PC入力や事務受付などでは経験豊富な即戦力が求められる事情があります。

 
まとめますと土日勤務も可能でなおかつスーパーやデパートでの勤務経験がある方はほぼ間違いなく採用されると思います。(圧倒的に主婦層が多くなると思いますがwww)

もちろん店側にとってみれば忙しくなって、少しでも人手が欲しいという店は少なくないと思うので、未経験でも大丈夫だと思います。

ただしその場合は、単純作業がメインとなる倉庫内の作業や商品の詰め込み作業に充てられる可能性が高くなります。
 

ノルマを課す店もある?

ちょっと気を付けないといけないのが、店舗によってお中元の売り上げのノルマを設定している所もあることです。

セブンイレブンなどでアルバイトをしたことのある人ならわかると思いますが、2月は恵方巻きの販売にノルマを課している店舗も多いみたいです。

スーパーのみならずセブンイレブンやその他大手コンビニにとっても、季節限定の商戦は非常に大事になります。


お中元もやはり同じで、特に長期で働いている人に対しては身内に頼んで買ってもらうこともあるそうです。

もちろん本当にお世話になったという人がいて贈りたいというならOKですが、強制的に買わせるとなると立派な違法行為なので無理なら断りましょう!
(因みにお中元の相場は約5000円だそうで、時給1000円で働くとしたら5時間分はかかる計算です、慎重に判断しましょう。)

まとめ

以上お中元バイトについての解説でした、参考になりましたら幸いです。

いろいろと書いていきましたが、まとめますとお中元の短期バイトは覚えることが多く、繁忙期や土日だときつくなると言えるでしょう。

その分やりがいがありますし、多くのお客さんと接するので敬語の使い方や包装の技術、マナーについては多く学べると思います。何より時給は高いです。


特に包装については、上手にできる方は少ないですね。上達すると他の仕事に就いた時に、周囲の人から感心されるでしょう。

最近ではメルカリやヤフオクなどで個人が商品を出品することもできるようになりましたが、そこで上手に包装されていると、良い出品者として高評価される可能性も出てきますよ。


近所にスーパーやデパートはあれば、お中元の時期に短期バイトの募集をする可能性は高いので、検討してみてはどうでしょうか?
 

スポンサーリンク



こちらの記事もどうぞ!

キャンプ初心者必見! 必需品リスト紹介! レンタルもオススメ!

プール監視員バイトは楽なのか?仕事内容も詳しく紹介!