学べる生活情報塾

身近な生活上の小ネタや、知っておきたい生活の知恵、世の中の様々なニュースを色々な角度で考察します

社会

夏休みの宿題代行サービスに賛否両論! 親・教諭側の意見は?

投稿日:2017年6月16日 更新日:

夏休みは長い休みになって遊びに行く子どもの数が増えます。

ところが長い休みでいいことだらけと思いきやそうでもなく、学校側から大量の夏休みの宿題が出されるのは毎年のこと。この多い宿題が終わらずに夏休みの後半は忙しくなる子どもの数も増えます。

 
しかしそうした子ども達にとって救世主になるようなサービスが最近注目されています、それが夏休みの宿題代行サービスと呼ばれるものです。その名の通りお金を払えば夏休みの宿題を代行してくれるサービスのことです、なんと夏休みの宿題だけでなく大学生の卒論なども代行する業者がいるそうです。

もちろん筆者が子どもの時代にはそんなサービスはありませんでした、せいぜい家族に手伝ってもらうことしかできませんでしたが、本当に今の子どもは恵まれすぎているなと痛感しますね。

ただしこの宿題代行業もメディアに取り上げられることが多くなり親や子のモラルなどを巡って論争が繰り広げられています。

どういった批判があるのか、またなぜ依頼する親が多いのか、徹底的に探っていきます。

 

Sponsored Links

夏休みの宿題代行サービスとは?

冒頭でも紹介したとおり、子どもの夏休みの宿題を丸ごと有料で業者が請け負うサービスのことです。業者に関しては主にインターネットなどで注文を受け付けていて、現在少なくとも10以上の業者がいると言われています。

その内の一つである『ジーニアスアシスト』は宿題代行業としては唯一の法人となっていて、2015年には100以上の依頼があったようです。

※ジーニアスアシストの公式ページはコチラ

夏休みの宿題と言ってもいろいろな種類がありますが、種類ごとに料金が違ってきます。

  • 漢字・算数のドリル1冊:6000円
  • 読書感想文なら400字:2900円
  • ポスター・イラスト作成:15000円
  • 工作:6000円
  • 自由研究の相談:1~2万円

※料金はいずれも小学生の場合

宿題代行業への依頼は夏休みだけでなく、冬休みにも依頼が殺到します。これらの休みの期間は子ども達にとって遊ぶ機会が増える時期でもありますが、塾に通っている子ども達にとっては講習などで忙しくなる時期でもあります。

最近は子どもの進学のためにお金をかける親も増えてきたようで、そうした親の配慮もあって、子どもが受験勉強に専念できる環境を作らせるために依頼することが増えてきた背景があります。

 

Sponsored Links


 

夏休み宿題代行サービスに対しての批判は多い!

夏休みの宿題と言うのは、当たり前ですが子どもに課せられた宿題であるので子ども自身の手でやるのが筋と言えます。

2015年7月の読売新聞の調査でも「夏休みの宿題は本人がやるべき」と答えた人の割合は84%でやはり宿題を代行してもらうというサービスに対して世間からの受け止め方は批判的です。

またそれ以外にも以下のような点で批判がつきまといます、これでも宿題代行業に賛成ですか?
 

  • 教師を騙している立派な不正行為である
  • →これに関しては筆跡ですぐにばれると思いがちですが、最近では子どもの筆跡まで忠実に真似する業者もいるみたいです。

    お金のためなら何でもするという意味では凄いことですが、高校や大学の入学試験でも代わりに受験してもらうというのは、立派な不正行為で重い処罰が下るということをお忘れなく!

  • お金で何でもできるという誤った価値観を子どもに与えかねない
  • →結果として子どもがますます遊ぶことに繋がってしまう

 

なぜ依頼する親が多いのか? 親の心理は?

批判が多い宿題代行サービスですが、なぜ依頼する親が多いのでしょうか?

その理由は主に以下の点が挙げられます。

  1. 両親も手伝ってあげたいが共働きのため暇がない
  2. 最近では当たり前のようになってきた共働き世帯ですが、この共働き世帯の増加もあって手伝う暇がない親が多くいるそうです。

    それ以前に宿題と言うのは親が手伝うというものではなく、子どもが自分の力でやるというのが前提だということをお忘れなく!

  3. 親にとってもストレス、面倒なので
  4. 手伝ってみた親からみても宿題の量が意外と多くてびっくりするみたいです。特に悩むのが自由研究で、子ども達も面倒で後回しにしてしまいがちです。

    探せば自由研究のネタはいくらでもあるのですが、これに関しては算数の課題みたいに明確な答えがないので本当に自由なテーマで大丈夫だと思います。特に夏場は天体観測が人気というか定番なので、迷ったら望遠鏡を買って毎日星空を観測しましょう。

  5. 塾に通っているため夏期講習などに専念させたい
  6. なんとなく正当な理由っぽくて悪気はなさそうに思えますが、学校の宿題よりも塾の方が大事だというのも親の考えとしてどうかなと思います。

    確かに受験に合格するのは大事なことでありますが、夏休みの宿題も立派な勉強です。難易度は簡単かもしれませんが、基礎を固める・復習という意味でも夏休みの宿題は最適だと言えます。塾の教師も学校の宿題を蔑にしろと教える人なんていませんよ。

こういった理由があって毎年宿題を依頼する親も多いのも事実です。

ただし子どもが自分の力で宿題をやっていないかどうかは教諭側の視点に立つとすぐにわかるそうです。

もちろん先ほども説明しましたが筆跡も真似してくれる業者もいます。しかし漢字ドリルなどは書く量も多いので全て完璧に真似するのは不可能に近いです。また読書感想文の課題も、インターネット上に掲載されているテンプレートの文などはコピペしたということはすぐに見破られます。

さらにその子どもの成績を知っているのは他ならぬ担任教師なので、その子どもが絶対解けないような難問もあっさり正解だとするとますます怪しまれます。

 
夏休みの宿題は量が多いので、多少親が手伝うのは多めに見てくれますが、全部代行サービスがやってしまったとなれば完全に信頼を失います。

むしろ終わらなければ素直に終わりませんでしたと申告した方がまだマシなような気がします。

今年の夏休みも恐らく宿題は多く出されると思いますが、実際に頼んでしまった親も後になって罪悪感に襲われることもあるようです。

また代行業はお金もかかると言うのもネックです、その分のお金を旅行や行楽地に出かける分に使う方が有意義だと言えるので、本当に子どものためを思うのならば代行業者に依頼するのは止めた方が身のためですね。

 

Sponsored Links

こちらの記事もどうぞ!

2017年のお盆休みの期間は? 帰省・Uターンラッシュはいつから?

2017年の公立学校の夏休みはいつから? 地域別の差も紹介!

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レアメタルの埋蔵量!日本の近海に大量に眠っていた?

最近レアメタルという言葉をニュースなどで耳にするケースが増えてきましたよね。 レアメタルとは文字通り希少金属という意味で、亜鉛やコバルト、ニッケルといった非鉄金属全体を指します。因みに海外ではマイナー …

梅雨明けと梅雨入りは平年だといつ頃? 地域別でも解説!

後1,2カ月もすれば日本各地では梅雨の時期に突入します。毎年長期的に雨がしとしとと降り続ける季節で、傘が欠かせないです。折り畳み傘を持っていけば良さそうですが、いかんせん荷物が増えるから嫌なんですよね …

2017年の公立学校の夏休みはいつから? 地域別の差も紹介!

今年もいよいよ暑くなってきました。日本の夏は毎年高温多湿でジメジメしてて体感温度が非常に高く、少し外を出歩くだけで汗だくになるほどです。 しかし真夏の7月と8月は子供たちにとっては嬉しい時期となります …

2017年のお盆休みの期間は? 帰省・Uターンラッシュはいつから?

もうすぐ待ちに待ったゴールデンウィークが訪れます!4月29日の昭和の日から始まりますが、今年は5月1日と5月2日が平日扱いなので、5月3日から5連休でゆっくりしようと考えている人が多い筈です。もちろん …

グローバル化で日本の将来はどうなる? メリットとデメリットは?

  ここ最近は日本で外国人旅行者が急増するなど、 グローバル化が進んでいます。 昨年に日本に訪れた外国人旅行者の数は過去最高の2404万人となって、 安倍政権が発足して3倍に上昇しています。 …

広告

スポンサーリンク

私が管理人です

九州出身の雑学&ゲーム好きのアカギです。生活に転がる様々な雑学や政治、宇宙、ソシャゲ、パソコン、勉強関連のネタを中心に記事を書いています。趣味は旅行とチェス、その他レトロゲームのコレクションをこよなく愛します。

アーカイブ