学べる生活情報塾

身近な生活上の小ネタや、知っておきたい生活の知恵、世の中の様々なニュースを色々な角度で考察します

生活の知恵

水道管が凍結する温度は何度以下? 気を付けるべき対策も解説!

投稿日:2017年8月27日 更新日:

真冬の時期になると凍えそうな日々が続きます。特に北国・内陸・高地では雪が降り積もって、湖も凍ったりするのは珍しくない光景です。

しかし雪が降るのはそういった地方だけではありません。

都心部でも降ることはありますし、東京でも毎年雪に見舞われます。雪に慣れていない人々も多いので、転倒したりタイヤにチェーンを巻く作業に追われる人も出てきます。

ただ雪が降るだけならまだマシですが、例えば記録的な大寒波が襲来して気温が氷点下を下回った時などは、水道管が凍結することも起きます。

朝起きて蛇口をひねっても水が出ない!

そんな事態になりかねません。そこで今回は水道管が凍結するのは気温何度を下回った時なのか、対策面も踏まえて深く解説していきます!
 

スポンサーリンク

水道管が凍結するのは氷点下何度から?

水道管が凍結する温度の目安ですが、これは基本的に氷点下4℃を下回った時だと言われています。

凍結するのは気温が低下する夜の時間帯がほとんどですが、水道管が風の影響を受けやすい場所にあったり、日の光が当たりにくい場所にあったりするとそれより高い温度でも凍結する恐れがあるので、自分の家の水道管がどういった場所にあるのかは把握しておきましょう。
 

放置すると破裂する恐れもある!

一旦凍結した水道水はなかなかすぐには溶けないので、午後の暖かい時間になるまで放置して溶けるのを待つという方法もあります。

しかしそのまま放置していると水道管が破裂する事態も起きます。これは水は液体よりも個体である氷の方が体積が大きいためです。水道管が破裂すると給水できなくなるので大損害です。

こうならないために大寒波が襲来して気温の低下が危ぶまれそうな日には、事前に凍結しないための対策が必要となります。
 

スポンサーリンク

水道管を凍結させないための対策

では水道管を凍結させないためにはどのような対策を講じるべきか?

まず行うべき対策は水抜きです。水抜きの方法はまず水道の元栓を閉めてから、蛇口を開けて水道管の中にある水を抜いておきます。

この時に抜いた水はバケツなどに溜めておけば、翌日万が一水道管が凍結した際に溶かすためのぬるま湯として代用できます。

もう一つ気をつけないといけないのが、給湯器の方です。お風呂に欠かせないお湯を沸かしてくれる給湯器にも水道水が使われていますが、ここもしっかりと水抜きをしておきましょう。

給湯器の場合は給水栓と水抜栓の両方がありますが、閉める順番は必ず給水栓→水抜栓とします。順番が逆だと水が噴出してしまいます。

 
またこの他にも水道管が外部に露出している部分があると思いますが、こういった部分に毛布やタオルなどを撒いてしっかりと外気を遮断し温度を保つようにしてください!
 

熱湯をかけるのは厳禁?

しっかりと凍結対策をしていたにも関わらず凍結してしまった!

この場合はどうすればよいのか?慌てずに業者に問い合わせてして助けてもらうか、ぬるま湯を水道管にかけるようにしましょう。

ただし水道管が凍結してしまっては肝心の水が出ないので、この場合は事前にバケツなどに入れて貯めておくか、お風呂場の水あたりをやかんに入れて沸かして少し温めてから水道管にかけるようにしましょう。

 
この時に間違ってもやってはいけないのが、熱湯を水道管にかけるという方法です。

水が凍っているので熱湯をかければすぐに溶けるだろうと安直な思いからやってしまいがちですが、基本的にこれはNGとされています。

なぜかと言いますと、熱湯を直接かけるのは水ではなく外側の水道管になります。水道管は金属でできていますが、金属は急激に温度が変化するとヒートショックと言ってひび割れが入る恐れがあるからです。

水は溶けても肝心の水道管が割れてしまっては元も子もないですから、かけるとしてもぬるま湯あたりに留めておきましょう!
 

まとめ

いかがでしたか?真冬の時期に大寒波が到来して水道管が凍結しそうな気温になりそうな場合には、これらの対策を施して万全な状態で臨みましょう!

また自分が住んでいる地域は比較的暖かいから大丈夫と思って油断するのもいけません。

九州でもたまに大寒波が襲って積雪になることは稀にありますので。


そして凍結した時ですが、間違っても沸騰したお湯だけはかけないように気をつけましょう。どうせ大したことないだろうと軽く思っていると本当に痛い目を見たりします。

凍結した時には改めて水の大切さがわかりますからね(;^^)
 

スポンサーリンク



こちらの記事もどうぞ!

長風呂のデメリット!体質や温度次第では危険極まりない?

通帳の磁気を復活させる方法はある?駄目にしないための対策も伝授!

-生活の知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Ctrlキーの使い方を徹底紹介!知っておけば超便利!

みなさんは普段の生活でどれだけパソコンのキーボードを使用するでしょうか? 昨今はスマートフォン、もしくはタブレットの普及で画面をタッチして作業することが増えてきたと思います。 それ故、パソコンでキーボ …

静電気の仕組みをわかりやすく解説!実は体質も関係していた?

冬の季節で起きやすい現象と言えば静電気ですね。 ドアノブに触れようとした途端手がビリっとした痛みが走った! 多くの人にこういう経験があると思いますが、そもそもなぜ静電気が発生するのでしょうか? ドアノ …

部屋の乾燥対策を紹介!100均で湿度計も買える?

寒さが厳しくなっています。 今年最強クラスの寒波が西日本を襲っていて、鳥取や島根と言った日本海側で大雪だそうです。   北陸や東北、北海道と言った雪国や豪雪地帯に住む人々からしたら大雪が降っ …

住所欄で都道府県名を省略していい時と駄目な時を解説!

普段の生活で書類や封筒などを書く場面が多々訪れると思います。 就活での履歴書や年金関係の書類、NHKの受信料や光熱費関係の契約、さらに携帯電話などの契約、ネット通販など、住所という個人情報は絶対に記載 …

住民票と住民票記載事項証明書の違いをわかりやすく一挙解説!

地元の市役所で多くの人が申請する書類と言えば住民票ですよね。 住所変更した際の運転免許証の更新、就業先や大学などに提出する必要がありますが、人生で一番必要な書類かもしれません。 いろいろな場面で使用す …

広告

スポンサーリンク

私が管理人です

九州出身の雑学&ゲーム好きのアカギです。生活に転がる様々な雑学や政治、宇宙、ソシャゲ、パソコン、勉強関連のネタを中心に記事を書いています。趣味は旅行とチェス、その他レトロゲームのコレクションをこよなく愛します。

アーカイブ