学べる生活情報塾

身近な生活上の小ネタや、知っておきたい生活の知恵、世の中の様々なニュースを色々な角度で考察します

雑学

一日の読み方が「ついたち」の理由!「いっぴ」と呼ぶのはどんな場合?

投稿日:

1年通してカレンダーを見る機会が多い人も多いですね、僕もその一人です。

毎日予定を組んであの日にこれをしよう、この日にあの作業を終わらせないとと、考えを巡らせます。

だけどここでふと疑問に思うことがあります。





「1月1日」とか「2月1日」など、その月の初めの日は漢字で一日と書くのに、「ついたち」と読みますよね。

何で一日と書くのに「いちにち」ではなく、「ついたち」と読むのでしょうか?

もはや当たり前のように使っているので、いざ聞かれてもパッと答えられないですよね。

また他にも「いっぴ」という読み方もありますが、使い分けるとしたらどうすればよいのか?

今回はこれらの疑問について調べてみました、一緒に疑問を払拭していきましょう!


スポンサーリンク

一日をついたちと読む由来を探った!

そもそも論として、なぜ月の初めの一日を「ついたち」と読むのでしょうか?

1月から12月まで全ての月に「一日」はありますが、全て「ついたち」と読みますよね?

1月1日を「いちがついちにち」とは読みません。


改めてその理由を調べてみたら、実は月の初めの日だけは特別扱いということなのです。

どういうことかといいますと、「ついたち」と読むのは昔の古典の言葉が由来になっているようで、

「月立ち(つきたち)」という言葉が変化したもの

となっているのが背景にあります。

月の最初の日なので、「新たな月が始まる⇒月の出発⇒月立ち」と言われるようになったということです。


中々興味深い理由ですね。

古典の言葉が由来になっていたのですが、もっと詳しく調べたら日本の暦と関係していたのです。

ついたちの読みは音の変化だった?

「ついたち」が「つきたち」という言葉が変化したということですが、違いは“き”が“い”に変わっているだけです。

つまり音が変化しちゃったんですね。

長い年月を経て、言いやすいように変わって言ったなと思いますが、実はこのように音が変化した言葉はいくつもあります。


代表的なのは「書く」という言葉です。

例えば「ここに氏名を書いてください。」なんて言いますが、「書いて」の部分は元々は「書きて」が変化したものです。


これは高校の古典の授業で習うイ音便特有の変化です。

詳しい説明は省きますが、要するに単語に含まれる「き・ぎ・し・り・て」の部分が、「い」に変わる現象となります。


つまり「書いて」という言葉は元々「書きて」だったのですが、「き」の部分が「い」に変わったということです。

他にも都道府県の埼玉とか衝立なんていう言葉も、元々は「さきたま」、「つきたて」と呼ばれていました。

これ同様の理由で、「ついたち」も「つきたち」から変化したということになります。

改めて日本語って面白いですね!


スポンサーリンク

一日を朔日とも書く?

実は「一日」には別の書き方もあって、それが「朔日」という表記です。

こんな難しい漢字見たことないという人も多いかもしれませんが、実はこの漢字も「ついたち」と読むのです。


また「朔」1語だけでも「ついたち」と読みます。

何だか凄く特別な言葉に見えますが、実は昔の日本の天文学に関係していたのです。

昔の日本の暦は月の満ち欠けで暦を決めていました。

そして月の満ち欠けでは、「月が夜に全く見えない新月の日を、月の最初の日」と定めていたのです。

この月が全く見えない状態を、天文学で「」と呼んでいたんです。

つまり「朔日」とは、「月が全く見えない日」と同義となので、「朔日=一日」となります。


スポンサーリンク

一日を「いっぴ」と呼ぶ場合も?

月の最初の日は「ついたち」と読む理由は、これにて理解できたと思います。

何気なく使っていた言葉なのですが、ちゃんと歴史的な背景があったんですね。

ところが子供の頃は「ついたち」と読むよう教わったのに、いざ社会人になった後だと職場の同僚や先輩社員の中で「いっぴ」と読む人もいます。

「10月のいっぴまでにあの案件終わらせないとね~。」なんていう使い方をしますよね。

「ついたち」と「いっぴ」、どっちが正しいのかと思われるかもしれませんが、どっちでもいいのです。


「一日」は「一」と「日」に分かれて、それぞれ「いち」、「ひ」と読みますから、「いっぴ」の方がそのままの読みといえます。

もちろん日常会話では、「ついたち」と読むのが適しているでしょう。


このような読みがいつから定着したのかは不明ですが、「いっぴ」と読むのは、それこそビジネスの場面が多いです。

少し難しい話になりますが、役所や会社などで発令日や締め日、重要な予定が組まれた日などが「○月1日」になった時、日付の数字として正式に伝えるという意味を強めるのが目的なのでしょう。

ただしどう読んだとしても通じれば問題ないので、使い分けについてそこまでシビアに考える必要はないでしょう。

■「いちじつ」と読む場合も?

あまり一般的ではありませんが、「一日」は「いちじつ」と読む場合があります。

「一日の長」、「一日千秋」、「一日三秋」などの慣用句として読む場合は「いちじつ」となりますが、これ以外ではほとんど使われません。

豆知識程度でいいでしょう(;^^


まとめ

以上一日を「ついたち」と読む理由と由来についての解説でした。簡単になりますが、今回の内容をさらっとまとめますね。

  • 「ついたち」と読むのは、「月立ち」という言葉が変化したから
  • 「ついたち」は、「一日」の他に「朔日」と書く
  • 「一日」は、「いっぴ」とも読むが、ビジネスの場面が多い



「ついたち」、「いっぴ」、「いちじつ」、同じ「一日」と書くのにこんなに読みがあって、ちょっと複雑に見えますね。

単純な言葉ほど意外な事実が見つかって本当に面白いです!


スポンサーリンク



こちらの記事もどうぞ!

講義と講議の違い!正しいのは?大学生なら知っておこう!

幕の内弁当の名前の由来は歌舞伎にあった?その他の説も紹介!

-雑学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スイカは野菜と果物のどっち?生産現場や農水省で定義が違う!

夏の時期に食べるおいしい食べ物としてお馴染みなのがスイカですよね♪ 筆者も子供の頃は何度も食べたことがあります、とにかくおいしくて夏の時期になったら毎年のように食べていました。 食べ過ぎてお腹を壊した …

鎌倉幕府が1192年から1185年に変わった理由!実は他の説もあった?

みなさんが学校の歴史の授業で学んだ鎌倉幕府ですが、その成立年はご存知1192年ですね? しかし   えっ、違う? 1185年になった? どういうこと?   などというやり取りが最近 …

幕の内弁当の名前の由来は歌舞伎にあった?その他の説も紹介!

幕の内弁当といえば今や定番の弁当になりましたね。 弁当チェーン店のほっともっとや多くのスーパーやコンビニでも当たり前のように販売されています、筆者も食べる機会は多いです。 しかしよく考えてみたら幕の内 …

羽振りがいいの意味と使い方とは?類義語もたくさんあった!

最近は日本語の意味と使い方を調べることが趣味になっている管理人です。 今回は「羽振りがいい」という言葉の意味を紹介します、聞いたことありますか? この言葉は例えば飲み会などに行ったり、何か奢ってもらっ …

オーストラリアとグリーンランドの面積を比較!正しい尺度で見よう!

世界地図の右上か左上の方をよくを見てみると、とんでもなく巨大な島がありますね。 上の画像で赤丸で囲んだ所です、両端に跨っていますが一つの島です。 この島はグリーンランドと呼ばれる島で北欧のデンマーク領 …

広告

スポンサーリンク

私が管理人です

九州出身の雑学&ゲーム好きのアカギです。生活に転がる様々な雑学や政治、宇宙、ソシャゲ、パソコン、勉強関連のネタを中心に記事を書いています。趣味は旅行とチェス、その他レトロゲームのコレクションをこよなく愛します。

アーカイブ