学べる生活情報塾

身近な生活上の小ネタや、知っておきたい生活の知恵、世の中の様々なニュースを色々な角度で考察します

生活

大学生の夏休みの上手な過ごし方を紹介! 他の学生と差別化へ!

投稿日:

4月になって新しい生活を迎えた人も多いと思います、中でも去年まで高校生だった人は晴れて念願の大学生になり新鮮な気持ちで大学に入学した人も多いことでしょう。

最初の内は慣れない気持ちで不安な毎日を過ごす人も多いです、授業時間も90分に増えたり、第2外国語を履修しないといけなかったり、中にはサークル活動も始めようという方もいます。

特に理系の方は大学に入ると一気に授業の難易度も上がります。数学や物理ではわけのわからない公式や理論を学んで頭が混乱する人も多いでしょう、筆者も理系出身ですが大学入学当初は本当に苦労しました。

 

Sponsored Links


苦しい生活がある一方ではありますが、7月まで頑張れば待望の夏休みが到来します。大学の夏休みは本当に長くて8月と9月の2か月間という超長期な休みです、これほど長い休みだとかなり遊び放題ですね!勉強で忙しかった分、反動も大きくて一気にはじけてしまう人も多いです。

ただし長すぎる分、ダラダラと過ごしてしまうとかなり無駄な時間を過ごしたなと後悔する可能性は高いです。もちろんある程度の息抜きは大事ですが、せっかくの長期休暇で遊びまくるというのは本当にもったいないですし、何のプラスにもなりません。かくいう筆者も大学の夏休みはかなり遊んでいましたね、今考えたらもっと勉強しておけばよかったとつくづく思います。

 
そこで今回は大学生が夏休みを有意義に過ごすためにはどうすればよいか、オススメの過ごし方をいくつか紹介します。特に今年新しく入学した大学生の方はしっかりと心得ておくようにしてください!
 

大学生が有意義に夏休みを過ごすには?

筆者がオススメする有意義な夏休みの過ごし方は以下の6パターンです、順番に紹介していきます。

アルバイトを経験する!

遊ぶ以外で最もポピュラーな夏休みの過ごし方はバイトをするということになりますね。生活費も稼げるので、多くの人は夏休みの間だけでも短期バイトを経験すると思います。

ただし最近ではブラックバイトという言葉もあるように、大学生であるにも関わらず無理な労働時間や残業代を払わないといった業種もあるそうです。特に飲食店が圧倒的に多いです、筆者も昔某有名な外食チェーン店の厨房で働いていましたが、けっこうきつかったです。

 
またTwitterなどで自分の仕事場をカメラで撮影してその画像を投稿するという悪戯も流行っていたことがありましたが、決してそんな馬鹿な真似だけはしないように!アルバイトで働くということはお客にサービスを提供する側に立つという意味で責任重大だという認識を持つようにしましょう。

 

敢えて勉強しまくる!

これに関してはごく少数派だと思いますが、敢えて勉強しまくるという選択肢もアリです。後期に学習する予定の科目を予習してインプットしておけば、講義の時でもスラスラと頭の中に入ります。

また前期で学習した科目の復習をしておくのも大事です、高校の受験勉強の時に予習と復習が大事だぞと担任の教師や予備校の教師が盛んに主張していたと思いますが、それは大学の授業でも変わりません。特に大学の授業は本当に難易度が高く覚える量も非常に多いので、そういった意味では高校よりも予習復習に全力を注いだ方がいいかもしれません。
 
中には再試や追試関係で勉強せざるを得なくなった学生も少なからずいるでしょう。選択科目であれば最悪試験に落ちても大丈夫ですが、必修科目の試験で単位が取れないとなると卒業に関わるのでかなり深刻です。ただしここで猛勉強すれば絶対に他の学生と差を開けるので、どうせ勉強するんだったら開き直って首席を目指す!という意気込みで頑張った方がいいでしょう。

 

運転免許をとる!

普段は講義と重なって行きにくい運転免許の教習所も夏休みなどの長い休みなら通いやすいです。運転免許証は身分証明の代わりにもなるので取っておくに越したことはないです。

中でも合宿免許がオススメです!合宿免許とはその名の通り教習所ではなく宿泊施設に一定期間滞在しながら運転免許を取得するために集中して教習を受けることを言います。普通に自動車学校に通うよりも価格が安く短期間で取得できますが、その分スケジュール的には過密で忙しい傾向もあります。自分のペースに合ったスケジュールを組みたいという方には不向きかもしれないですね。

 

Sponsored Links

とにかく本を読みまくる!

本を読むと言ってもマンガ本やゲームの攻略本ではありませんよ。これからの人生に役立つであろうビジネス本や資格の本、もしくは自己啓発本がオススメです。個人的にお勧めしている本が以下の本です、自己啓発の分野では非常に有名で世界的なベストセラーなので読んで損はないです!

旅行・遠出をしてみる!

せっかくの長い夏休みでダラダラと過ごすのは本当にもったいない、かといって勉強もしたくない!という人は旅行することを推奨します。旅行はお金がかかりますが、非日常の体験を味わって気分転換するというのはかなり新鮮な気持ちになれます。最近ではインスタグラマーと言って旅行先で撮影した写真を投稿するのが流行っているみたいです、この機会に挑戦してみては?

またお金に余裕があれば海外旅行や短期留学もオススメです、これを機会に英語の力も身に着けておきましょう。

 

将来の夢・目標を真剣に考える!

個人的に最も大事な点がこれだと考えます。何故なら現在多くの大学生が何のために大学に入学したか、その目的というか意義をはっきりと心に刻んでいないからです。高校時代は志望大学に合格するために必死こいて勉強しまくっていたと思いますが、いざ大学入学が決まれば途端に目標を失う人が多いです、これが”中だるみ”という奴ですね。

しかしここで誤解してほしくないのですが、大学入学をゴールだと決めつけないことです。最終的に自分がどういった職業に就きたいのか、どういった仕事をしたいのか、一番大事な点はそこなのです。

そのために今一度自分の将来の夢や目標を再度検討しましょう!自分がなぜこの大学に入りたかったのか、将来何になりたいのか、目標を明確に設定しないとやる気というかモチベーションの維持ができにくいです。(ただし多くの学生はこれをやらないです、いわゆる意識低い系と言われている人のことですが、せめて目標の設定を明確にしておくだけでもこういった学生と差を広げられます。)

 

最後に一言!

以上が筆者がオススメする6つの過ごし方です。大学の4年間は本当に大事な4年間です、夏休みのみならず実は春休みもかなり長くて両方とも約2か月間あります、合わせたら4カ月の長期休みがあるということで日数に換算すると約120日分になります。

この120日分の休みが大学2年と3年にも来ます、4年生の時は卒論で忙しくなるので実質ないという人も多くなりますが、いずれにせよ積み重なると1年分の期間に匹敵するので、自分の好きなことが山のようにできるのです。

しかしそれと同時に他の学生といかに差をつけるかもこの夏季休暇の肝となります。勉強やバイト、さらに読書など知識や経験に投資を惜しまないようにしておけば他の学生とかなり差を広げられます。長い休みとなるので焦る必要はないですが、決してダラダラと過ごすことがないようにしましょう!

 

Sponsored Links

関連記事

就活面接にも使える抱負・座右の銘にふさわしい四字熟語は?

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

首都圏在住の方必見! 関東・甲信越のおすすめ避暑地10選!

  この夏はどこか涼しい所で!と思っている方も多いでしょう、夏でも涼しい所は避暑地とも呼ばれていますが、有名な所で言えばやはり北の地方ばかりに目が行きがちで、例えば北海道や東北あたりに集中す …

準中型免許って何? 普通・中型との違いや対象となる車は?

個人的な話になりますが、先日自動車免許の更新に行ってまいりました。 といっても筆者は全くと言っていいほど車に乗らない俗にいうペーパードライバーなわけですが、5年の歳月が流れたので免許証の更新には別に車 …

プール監視員バイトの仕事の内容は? 屋外はきつい?

今年もあと少しで夏が訪れますが、この夏の時期にレジャープール施設で思いっきり泳ぎたいという人もたくさんいることでしょう。中には日焼けして小麦色の肌にしたり、水着姿の女の子だけが目当ての男性もたくさんい …

夏の大三角形の見える方角と時期はいつ?絶景スポットはどこ?

今年もいよいよ3月が終わってこれから徐々に暖かくなってきます。そしてその後は暑い夏がやって来ますが、その夏の夜空は毎年天の川銀河が綺麗に輝きます。 宇宙にはこんなに多くの星があるのかと改めてその美しさ …

大学生にお年玉をあげるのは良くない? 相場はどのくらいならOKか?

お正月になると新年を祝うために実家に帰省したり、親戚の家に遊びに行く家庭が増えます。 昔からの風習ですっかり定着していますが、中でも子供にとって嬉しくなるのがお年玉をもらうことですね。 筆者も子供の頃 …

広告

スポンサーリンク

私が管理人です

九州出身の雑学&ゲーム好きのアカギです。生活に転がる様々な雑学や政治、宇宙、ソシャゲ、パソコン、勉強関連のネタを中心に記事を書いています。趣味は旅行とチェス、その他レトロゲームのコレクションをこよなく愛します。

アーカイブ